延長平均616時間に 限度を256時間オーバー 連合傘下の特別条項付き36協定

2019.02.01 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 連合が構成組織(産別)を通じて単組の労働条件の実態を探った調査によると、大半の組合(91.7%)が特別条項付き36協定を会社と結び、そのうち「年間」の特別延長時間の平均は616時間だったことが分かった。限度時間である360時間を256時間も上回っている実態にある。

 締結率が9割を超えたのは昨年(90.7%)に続いて2年連続。部門別に比率の高い順にみると食品と資源・エネルギーが100%、化学・繊維94.9%、…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成31年2月4日第3195号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ