【追跡レポ】アンリツプロアソシエ/テレワークトライアル 「交流深まった」と高評価

2016.08.03 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

全5部署横断し実施 週1日、在宅勤務認める

管理職も積極的に在宅勤務に取り組んでいる

管理職も積極的に在宅勤務に取り組んでいる

 ㈱アンリツプロアソシエ(神奈川県厚木市、大貫英雄代表取締役社長、95人)では、業務プロセス改革と、働き方のオプションを増やすことを目的にテレワークの導入を推進している。社内の全5部署から20人が取り組んだ。実施頻度は週1日で、形態は在宅勤務のみに限定。仕事を把握できるようになり、「かえって部下との交流が深まった」と指摘する意見も出るなど好評だ。好事例を積み重ね、社内で恒久制度化することが第一目標で、最終的にはグループ会社全体に普及させたい思惑もある。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年8月1日第3075号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ