「安全帯」で活用指針 25の作業別使用例示す 日建連が作成

2019.01.29 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 (一社)日本建設業連合会は、「建設工事における〝墜落制止用器具(通称「安全帯」)〟に係る『活用指針』―「胴ベルト型」・「フルハーネス型」安全帯の使用基準(推奨)―」を作成した。厚生労働省の改正法令とガイドラインの内容を分かりやすく整理するとともに、建設事業者が自主的に講じることが望ましいと考えられる措置などを提示している。25の作業別使用例を盛り込んでいるのが大きな特長で、作業時の高さなどに応じて「フルハーネス型」「『胴ベルト型』で差し支えない」に分けている。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成31年2月1日第2323号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ