外国製の使用基準示す 「安全帯」Q&Aを改訂 厚労省

2019.10.02 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省はこのほど、「墜落制止用器具に係る質疑応答集」を改訂した。新たに追加された質問には、外国製のフルハーネス型や一本つり胴ベルト型の使用の是非に関するものがあり、新規格に適合しているものは使用可能との考え方を明確にしている。新規格に適合していないものに関しても使用できる場合があるとしており、「新規格に適合するものと同等以上の性能または効力を有していること」について厚労省労働基準局長の認定を受ける必要があるとした。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
2019年10月1日第2339号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ