プロセス含む評価を大切に WLB東海

2016.07.18 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 一般社団法人ワークライフバランス東海(梶川洋代表理事)は、「21世紀型働き方改革の基礎セミナー」の第1回として、経営者や男性管理職に対して、女性管理職のマネジメントに関するセミナーを開催した(写真)。

 有冬C&Cコンサルティングの有冬典子代表が、男女の脳の構造の差異から生じる考え方の違いに触れながら、女性育成の際には、結果に加えてプロセスを評価することの大切さを伝えた。

 同団体は、組織へのワーク・ライフ・バランス導入支援を目的に、平成28年5月に結成。社労士などの専門家20人が正会員となっている。

関連キーワード:
平成28年7月18日第3073号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ