トップが4カ条のイクボス宣言 電機連合セミナー

2021.11.22 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 電機連合は、イクボス宣言を行うとともに、オンラインでイクボスセミナーを開催した(写真)。組織のトップである神保政史中央執行委員長が自ら、「男女があらゆる場において平等に参画できる社会、職場における機会均等をめざします」など4カ条を宣言した。

 セミナーでは、イクボスプロジェクトを進めるNPO法人ファザーリング・ジャパンの安藤哲也代表が講演。「男性の育休は社会を変えるボウリングの1番ピン」などとし、育児・家事への参画が起点となり、ジェンダー平等やワーク・ライフ・バランスの浸透につながっていくと訴えた。

令和3年11月22日第3330号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。