【賃金事例】明治安田生命/4ランクで再雇用者活用 月給に±10%の洗替え給 短時間・短日数勤務選べる

2016.07.04 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 明治安田生命保険相互会社(東京都千代田区、根岸秋男社長)は、定年到達者を4つの職務ランクで雇用するエルダースタッフ制度を運用している。フルタイム勤務だけでなく、1日6時間の短時間勤務、月12日の短日数勤務も選択できる仕組みで、希望者全員の65歳雇用を実現したうえ、年金空白期間にはランク別に定額を加算。年に1回、5段階評価で洗替えする評価給も採り入れており、月給ベースで±10%強の変動を行う。一方では処遇水準を大幅に引き上げ、単年度の成果を厳しく問うプロ・エルダースタッフの区分を新設し、今後、現役世代の目標として機能することに期待している。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年7月4日第3071号8,9面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ