【賃金事例】ウイズネット/フルタイムなら基本給維持 自己申告書で健康確認へ 65歳以上の再雇用規定化

2014.05.05 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 多様な介護サービスを展開する㈱ウイズネット(埼玉県さいたま市、髙橋行憲社長)は、今年4月に65歳の定年後、70歳を超えて働ける再雇用制度を規定化した。本人の希望を踏まえてフルタイム勤務の嘱託社員、あるいはパートタイマーとして雇用する。嘱託となる場合、年2回の賞与は不支給となるが、基本給額は維持される。年俸制を適用している5等級以上では、役職を外れない限り処遇水準も変わらない。従来は慣行として行われていた高齢者雇用のルールを規定化したもので、新たに「健康状態自己申告書」を作成し、定期健診の6カ月後の提出を義務付けるなどしている。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成26年5月5日第2967号8,9面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ