容姿の話題されセクハラ感じる 横浜市・調査

2018.12.07 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 神奈川県・横浜市は、男女共同参画に関する市民意識調査の結果を公表した。

 この3年間で、職場や学校、地域活動の場でセクシュアル・ハラスメントを受けたと思う経験をした割合は10%だった。男性が5%、女性が15%である。職場における具体的な内容を聞くと、「容姿や年齢について話題にされた」42%が最多だった。「性的な話や冗談を聞かされた」34%、「結婚や出産などプライベートなことについてたびたび聞かれた」29%が続いた。

 調査は、同市在住の満18歳以上の男女計2439人から回答を得た(有効回答率30%)。

平成30年12月10日第3188号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ