段階的に法制度整備 70歳までの就業確保で 政府

2018.12.10 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 政府は未来投資会議を開き、経済政策の方向性に関する中間整理を取りまとめた。70歳までの就業機会の確保を円滑に進めるため、段階的に法制度の整備を進める方針を示している。まずは一定のルール下で各社の自由度がある制度を検討することとし、個々の従業員の特性などに対応できるよう、各社に対して多様な選択肢を用意する。

 継続雇用年齢の引上げに当たっては、混乱を避けるため、65歳までの現行制度については改正しない。年金支給開始年齢についても引上げは行わず、開始年齢の時期を自分で選択できる範囲の拡大を検討する。

 来年夏にまとめる実行計画で具体的な制度方針を決定した後、労働政策審議会の議論を経て早急に法律案提出をめざす。

平成30年12月10日第3188号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ