連合ハラスメント調査 従業員が顧客に5% 管理職層の認識不足で

2018.11.26 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 民間企業の従業員で過去3年間に取引先や顧客からハラスメントを受けた経験があるのは14%、逆に自社の従業員が取引先や顧客に対して起こしたハラスメントは5.2%――連合がこのほどまとめた調査でこんな結果が分かった。いずれも「分からない」が6~7割で最も多かった。

 取引先や顧客からのハラスメントに対する取組みを「行っている」のは23.6%、…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年11月26日第3186号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ