40代男性の4割がパワハラ経験 連合調査

2021.07.14 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 連合が20~59歳の有職者1000人の有効回答をまとめた調査で、パワハラを受けた経験のある者の割合は男性40歳代で最も高く、40.0%を占めることが明らかになった。30歳代と50歳代はともに26.4%、20歳代は22.4%であり、突出した結果を示している。

 職場で受けたことのあるハラスメントについて複数回答で尋ねたもので、全体の68%が「ない」とした一方、最も高い割合を示したのはパワハラ27.6%だった。次いで高いセクハラ8.5%との差は大きく、ジェンダーハラスメントは4.2%、新型コロナ関連は3.1%となっている。

令和3年7月19日第3313号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。