睡眠不足が労災招く 1.2倍のヒヤリリスク 建災防・実態調査

2018.10.26 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 建設業労働災害防止協会は、建設現場における不安全行動・ヒヤリハット体験に関する実態調査の結果を明らかにした。ヒヤリハット体験と心身の状態との関連を数値化したところ、「症状なし」を1.00とした場合に、「不眠」は1.18、「高ストレス反応」は2.03となり、よく眠れていない、またはストレス反応が高い人は、自分に原因があるヒヤリハットを体験するリスクが、通常と比べて1.2~2倍に上ることが分かった。このほど開催された建災防全国大会のシンポジウムで発表している。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年11月1日第2317号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ