【特集1】「気づく力」KYで鍛える 指差呼称から正しい行動を実践 原点に立ち返り安全現場力向上へ/ユニバーサル製缶㈱滋賀工場

2018.09.28 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

写真4 一時停止で左右確認を促す

 ユニバーサル製缶㈱では、安全現場力の底上げを図るため「安全現場力向上活動」に取り組んでいる。今年で3年目を迎える活動は、安全活動の原点に立ち返り、危険予知で「気づく力」を、指差呼称で「正しい行動の実践」を定着させるのが狙いだ。製造現場の取組みとして、無災害を続ける滋賀工場に話を聞いた。安全トレーナー制度など工場オリジナルの施策を織り交ぜつつ、職場の安全風土を醸成している。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年10月1日第2315号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ