高齢者に能力評価を 「人づくり」で基本構想 政府

2018.06.22 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 政府は人生100年時代構想会議を開き、「人づくり革命」の基本構想を取りまとめた。人生100年時代を見据え、高齢者雇用を促進する必要があるとして、65歳以上の継続雇用年齢引上げに向けた環境整備に取り組む方針を盛り込んだ。

 環境整備に当たっては、健康面や意欲、能力などの面で個人差が存在することから、一律の処遇ではなく、成果を重視する評価・報酬体系を構築するとした。具体的には、…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年6月25日第3166号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ