経営発展は社員のやる気 指針(案)まとめる 中小企業家同友会全国協議会

2018.05.24 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

「働く環境」改善に向け

 中小企業家同友会全国協議会(中同協・広浜泰久会長)は、「働く環境づくりのガイドライン」(試案)を取りまとめた。試験運用の後、今年度末の完成をめざす。社員のやる気を導くことが経営の維持・発展に向けた鍵とみるもので、これまで後回しになりがちだった「働く環境の改善」を正面に据えた取組みのスキーム。社員の生活を保障する経営者の覚悟を促し、生産性向上と環境改善を統一的に考えながら「労使共同」で10年後のビジョンを描く作業などを求めている。「働き方改革」とは一線を画したもの。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年5月28日第3162号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ