【フォーカス】横浜ゴム/グローバル人材の育成 海外工場で体験型研修

2018.05.16 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

新卒入社後に2カ月 “積極性こそ大事”と体感

現地工場で初歩的作業を体験する

 横浜ゴム㈱(東京都港区、山石昌孝代表取締役社長、連結=2万5439人)は、グローバル展開へ柔軟に対応できる人材の育成に力を注ぐ。大卒・大学院卒の総合職は海外法人や工場などに1~2カ月間滞在し、現地の社員や作業員と一緒に仕事をする。異文化や外国人へのアプローチを体験し、学ぶことが目的だ。滞在中は、現地の駐在員が教育係として常に健康面や生活面などに配慮する。体験者の多くは、「海外で通用するには、語学力よりもまずは積極性こそが大切」と答え、異文化理解の本質を感じ取っている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年5月14日第3160号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ