【フォーカス】プレシャスパートナーズ/新卒採用対策 評価無関係の面談で疑問解消

2018.04.24 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

ミスマッチ防止狙う LINE活用し個別PR

採用活動の前には人事部が面接官向けに説明会を開く

 ㈱プレシャスパートナーズ(東京都新宿区、高崎誠司代表取締役社長、102人)は業績の拡大に伴い、大卒・大学院卒の新卒採用を本格化させている。求人サイトや自社ホームページを効果的に使って応募者増を図った。選考過程の途中で評価にかかわらない「面談」を設け、学生が面接では聞けないような質問に答える。入社後のミスマッチを防ぎ、早期離職を防ぐためだ。担当者が高評価した学生に対してはソーシャル・ネットワーキング・サービスのLINEなどを通じて、会社のPRをしている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年4月23日第3158号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ