【フォーカス】葬祭会館チェーン・ティア/新卒採用対策 1日インターンシップ 模擬葬儀行い会社理解

2018.01.31 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

VR活用した説明も 業容拡大で採用増めざす

 葬祭会館をチェーン展開する㈱ティア(愛知県名古屋市、冨安徳久代表取締役社長、414人)は、業容拡大に向けて新卒での採用活動を活発化させている。来年3月に卒業する学生の採用活動では、新たに模擬葬儀をプロデュースすることが柱の1日インターンシップを開き、業界や会社の理解促進に努めている。関東への出店も進めることから、関東で働くことを前提に、関東の学生を採用することも開始。昨年からは会社説明会で葬儀施設をVR(バーチャル・リアリティ)動画で紹介する取組みも行っている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年1月29日第3146号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ