【特集2】職長に「話し方」を指導 全国的な人材不足解消へ 第1回研修会が開催/建設産業振興センター

2014.09.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 建設投資の急激な増加に伴って、建設業では全国的に人材不足に陥っている。こうした状況から部下の教育、指導経験の少ない職長が増えてきている実態があり、安全管理に支障を来す懸念から㈱建設産業振興センターでは、厚生労働省の委託を受けて「建設業職長等指導力向上事業」に行うこととなった。おおむね5年以上経過した職長を対象に指導力の向上を図る内容で「相手に分かりやすい話し方」などをテーマに演習方式を取り入れた講義をする。全国的に順次、実施していく計画で8月19日に第1回目の研修会が開催された。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年9月15日第2218号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ