【ズームアップ】元請・下請で負担を明確化 見積から契約までの手順教える 安全経費確保へガイドブック/(株)建設産業振興センター

2018.03.07 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 (株)建設産業振興センターは「安全衛生経費確保のためのガイドブック」を作成し、全国10箇所で経費の確保促進のための研修会を開催した。三木充講師が、元請、下請間で安全設備や保護具、教育訓練費用などの費用負担区分を明確にして、工事契約に盛り込んでいく流れを説明。重層下請け構造を持つ建設業で、安全確保のために適切な費用を末端まで行き渡らせる必要性を伝えた。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年3月1日第2301号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ