【特集1】ハーネス型安全帯で落ちない、落とさせない トップの「安全最優先」が浸透/三和リース

2013.09.01 【安全スタッフ】

 建設業での災害防止対策で重点とされる墜落・転落対策。”命綱”と呼ばれる安全帯は作業者の身を守る最後の砦だ。その安全帯は胴ベルト型が一般的だが、最近では墜落時の力を分散させるフルハーネス型安全帯が注目されている。㈱三和リース(山梨・笛吹市)では、足場を使った作業で「落ちない、落とさせない」を主眼に据え、ハーネス型・2丁掛け安全帯の全職方への導入が進んでいる。トップポリシーの「安全最優先」の考えが現場に浸透しており、ハーネス型安全帯に対し、「身を包み込むような安心感」と作業者からの評判も上々だ。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 安全スタッフ 平成25年9月1日第2193号

あわせて読みたい

ページトップ