【ズームアップ】トレーラーの接触防止へ安全巡視 港湾警備現場で危険箇所を改善/京浜港ワッチマン業協同組合

2014.12.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 京浜港(東京港・川崎港・横浜港)の警備業務に携わる会社の集まりである京浜港ワッチマン業協同組合では、警備員とトレーラーの接触による死亡災害を契機に、月1回の安全巡視に取り組んでいる。荷物を積んだトレーラーが行き交う港では、警備員と接触する危険は大きい。パトロールを通じ詰所の設置や誘導方法の見直しなど、再発防止へ熱心な改善を続けている。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年12月15日第2224号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ