【ズームアップ】解体建機の特例講習が盛況 猶予措置終了で受講義務に/建災防 山梨県支部

2014.09.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 つかみ機、鉄骨切断機など、建物を解体する重機を運転する際に講習の受講が義務化された。1年間の猶予期間が終了した今年7月1日からは、未受講での運転ができなくなっている。今号ズームアップでは、講習のカリキュラム作成に協力するなど、全国でも熱心な教育を行っている建設業労働災害防止協会山梨県支部での特例講習に密着。実技講習では安全確認を徹底するなど、受講者へ安全に行動する意識の定着を図っている。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年9月1日第2217号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。