【スポット】親身な指導ができる人材を 職長対象に能力向上教育 建設産業振興センターのメニュー生かす/熊谷組

2015.01.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

「話し方」を指導

 親身になって指導できる人材の育成を――。㈱熊谷組では、首都圏支店の協力会社を対象に「職長等指導能力向上教育」を実施している。今年8月から㈱建設産業振興センターが厚生労働省の委託事業で行っている「建設業職長等指導力向上事業」(2014年9月15日号参照)の教育メニューをベースに、建設業の災害発生状況や熊谷組の現場で作業するときのルールなどを付け加えた内容とした。同教育は、年4回実施する予定で、今回は昨年12月4日に行われた第3回目の模様をレポートした。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年1月1日第2225号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ