【特集2】建設現場で「働き方改革」の波 帰社時間を宣言して残業 魅力ある職場づくりへ設備を充実 熊谷組・加賀田組共同企業体仙台医療センター作業所

2017.10.05 【安全スタッフ】

 建設現場にも「働き方改革」の波が――。熊谷組・加賀田組共同企業体仙台医療センター作業所が施工する独立行政法人国立病院機構仙台医療センター建替等整備工事では、働く人が魅力的に感じる職場づくりを目指している。残業時間抑制のため、常駐職員は現実的な帰社時間を個別に宣言し、目標時間を決めて帰宅する。また、気持ちよく作業に当たってもらおうと、ヘルメットの洗浄機や靴の汚れを落とすエアーコンプレッサーなど快適化へ向けた設備を充実させている。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 安全スタッフ 平成29年10月1日 第2291号

あわせて読みたい

ページトップ