【特集2】無人化施工で訓練会を開催 遠隔操作の感覚学ぶ/㈱熊谷組

2022.02.10 【安全スタッフ 特集】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 ㈱熊谷組では、災害復旧工事など危険性の高い場所で作業者の安全を確保しつつ工事を進めるため、無人化施工技術の開発に力を入れている。遠隔操作に慣れてもらおうと、定期的に無人化操作オペレーターの養成訓練を実施しており、本号では訓練会の様子をレポートする。参加したオペレーターは、バックホウと不整地運搬車の遠隔操作を体験して感覚を掴んだ。

危険の高い復旧工事で活躍

 台風や豪雨、地震による土砂崩壊などの被害を受けた場所では、復旧作業中の二次災害の危険性が高まる。厳しい状況下で工事に携わる作業員の安全を守るため、熊谷組では運転席の外から重機を遠隔操作する無人化施工技術を開発。熊本・阿蘇大橋地区の復旧現場などでその成果を発揮してきた。

 現在は技術開発をさらに進める一方で、…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2022年2月15日第2396号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。