【フォーカス】ダンクソフト/全国9カ所にサテライトオフィス設置 地元志向強い人材確保へ

2018.02.28 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

足りぬ専門職を獲得 別荘でNPO設立の例も

 インターネットサイトやアプリケーションのコンサルティング・制作・構築などを手掛ける㈱ダンクソフト(東京都中央区、星野晃一郎代表取締役、25人)は働きやすい職場づくりの一環として、全国にサテライトオフィスを設置する。現地で住居を構え、地元志向が強い優秀なデザイナーやエンジニアなどを中途採用し、業績拡大に伴う人材不足を補う。在籍しながら別荘でNPOを設立・運営する例もある。設置を推し進めるために、業務関連書類のペーパーレス化を徹底。労働時間の柔軟化にも取り組む。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年2月26日第3150号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ