【今週の視点】労働委員会での和解に注目

2018.02.28 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

紛争早期解決へ寄与 納得性高く労使関係安定

 引越し事業者が合同労組加入の従業員を「シュレッダー係」に配置転換したのは不当労働行為に当たるなどとして労組が救済を申し立てた労使紛争が、中央労働委員会で和解した。一般的に和解による解決は当事者の納得性が高く、労使関係安定にも大きく影響する。とりわけ初審で和解が成立すれば早期解決が実現する。改めて、労働委員会における和解に注目したい。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年2月26日第3150号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ