【今週の視点】職種間ミスマッチ変わらず

2014.08.04 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

事務系0.2倍台 希望変更要す産業間移動

 有効求人倍率の改善が続く一方、職種別の需給関係には小さくない格差が生じている。求職者の3割が希望する事務系の倍率が0.2倍台にとどまる一方、2倍以上の未充足銘柄は高度専門職といわゆる3K職種に二分される。産業構造の変化に伴う人材移動を実現するには、従来の業界・業種ベースの雇用観を職種ベースの市場へいかに対応させるかが課題となる。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成26年8月4日第2979号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ