【特集2】がん体験後のメンタルヘルスケア ――り患した人の心理状態とは――

2018.02.16 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 働き方改革のひとつとして、治療をしながら働くことのできる環境整備が企業に求められている。日本人の死因第1位のがんも、医学の進歩で治療を受けながら仕事を続けることができるようになってきたが、実際にり患した人の心理状態はどのようなものなのか。今号特集Ⅱでは国立がん研究センター中央病院精神腫瘍科の清水研科長にがん体験後のメンタルヘルスケアについて解説してもらう。清水科長は、がん患者に対しては「周囲の人々が温かい眼差しで接する」ことが大切としている。また、がん体験者とその家族のケアを行う「精神腫瘍科」を紹介する。…

執筆:国立がん研究センター中央病院 精神腫瘍科 科長 清水 研

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年2月15日第2300号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ