【特集2】組織の機能不全に対処する・上 まずは職場で話し合い問題を共有

2017.11.06 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 「1人の行動不全、メンタル不全を治そうとするなら、まずは組織の機能不全を見て介入すべき」とランスタッド㈱EAP総研の川西由美子所長は提唱する。特集Ⅱでは今号より3回にわたって、組織の機能不全を病理として捉え、早期に対処する方法を紹介。まずは、組織の機能不全を職場間で話し合い、共有することから始め、自分たちはどんな困り事を解決したいのか、ハッキリさせることが大切という。…

執筆:ランスタッド㈱EAP総研 所長 川西 由美子

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年11月1日第2293号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ