【特集2】組織の機能不全に対処する・中 「心の窓」を開く「心の花束」

2017.11.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 前向きな組織風土をつくるのであれば周囲を巻き込み、相手の心に訴えなければならない――。ランスタッド㈱EAP総研の川西由美子所長は、組織風土改善に興味を示さない人がいたときは、まずは自分と相手との世代のギャップをチェックするようアドバイスする。この差は知識と熱意で埋められるとしている。さらに、閉じたままの心を開くことができる「心の花束」という技法を紹介。「あなたを認めています」というメッセージを送ることで相手に自信がつき、信頼関係を築くことができるという。…

執筆:ランスタッド㈱EAP総研 所長 川西 由美子

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年11月15日第2294号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ