【特集2】組織の機能不全に対処する・下 心の通い合うチームづくり

2017.12.05 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 組織の機能不全を解決するためには、改善の意志を持ったチームをつくることが重要とランスタッド㈱EAP総研の川西由美子所長は指摘している。最終章では、フィンランドで開発された技法「リチーミング」を紹介する。チームとしての困り事を吐き出し、危機感として受け止め、どんな影響が出るか話し合うもの。自分たちはどうなりたいのか探り、皆で問題を解決していく。過労死という最悪の事態を避けるためにも、人の心がはぐくむことのできる職場環境に変え、機能する組織をつくることとしている。…

執筆:ランスタッド㈱EAP総研 所長 川西 由美子

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年12月1日第2295号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ