【特集2】職場で実践!スポーツメンタルトレーニング 楽しく学べるコミュニケーションの秘訣/永田 直也

2016.04.17 【安全スタッフ】

慶應義塾大学体育研究所 助教 認定スポーツメンタルトレーニング指導士 永田 直也 氏

 本番で高いパフォーマンスが求められるプロスポーツの世界、そこで必要になる「モチベーションの維持」「緊張のコントロール」「ポジティブシンキング」などの心理的スキルは、さまざまな職場に応用可能な優れたトレーニング法から成り立っている。今号の特集2は、スポーツメンタルトレーニングの専門家である慶應義塾大学体育研究所の永田直也助教に、職場ですぐに実践できる「伝達ゲーム」などをご紹介頂き、コミュニケーションの能力を高めるためのヒントを示してもらった。情報をネガティブに解釈する「不合理な信念」への気付きについても解説した。…

執筆:慶應義塾大学体育研究所 助教 認定スポーツメンタルトレーニング指導士 永田 直也

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 安全スタッフ 平成28年4月15日第2256号

あわせて読みたい

ページトップ