【特集2】起こってからでは遅い! 労災に遭遇した関係者へのケア 初動対応の基礎知識

2018.02.06 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 労働災害は起こらないに越したことはない。だが、もし起こってしまったら何をすればいいのか? 特集Ⅰでは海上保安庁で惨事ストレス対策アドバイザーを務める廣川進大正大学臨床心理学科教授に、企業が実施すべき対応についてポイントを絞って解説してもらった。廣川教授は、「惨事ストレス」という救援活動者に多くみられるストレスを広義に捉えて、労働災害に遭遇した従業員の心理状態を把握する視点に用いることを勧める。そのうえで企業は、リスクマネジメントの観点から発災後すぐにケア対応の計画を立てるべきと指摘。「惨事ストレス」への理解が社内に浸透していないと、回復の遅れや二次被害の拡大も起こり得ると警告する。…

執筆:大正大学臨床心理学科 教授 海上保安庁惨事ストレス対策アドバイザー 廣川 進 氏

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年2月1日第2299号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ