最賃遵守へ集中監督 違反多発業種など700社 東京労働局

2018.02.14 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 東京労働局(勝田智明局長)は、昨年10月に発効した地域別最低賃金の履行を確保するため、2月末まで集中的な監督指導を実施する。過去の監督指導で違反率の高かった業種や、情報提供のあった企業など700事業場程度を対象とする予定。

 監督指導は、1月中旬から実施しているもので、管内の労働基準監督署が企業を個別に呼び出して賃金支払い状況を確認。応じない場合には事業場を訪問して調査する。昨年10月に改定された最低賃金(時間額958円)以上の賃金を支払っていない事業場に対しては、是正勧告書を交付する。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年2月12日第3148号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ