部門長も会見に 18春闘で連合

2017.12.26 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 今春闘で「2%程度」を基準に要求することを12月5日の中央委員会で決めた連合は、同委員会直後の「共闘連絡会議」の第1回代表者会議で、5つの部門連絡会議の代表者も記者会見に出席し、情報発信することを決めた。

 初の試みで、「金属」「化学・食品・製造等」「流通・サービス・金融」「インフラ・公益」「交通・運輸」の代表者の情報発信を通じて波及を狙う。

関連キーワード:
平成29年12月18日第3141号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ