連合総研フォーラム 「客観的第三者機関」設置を 日本総研理事が提案

2017.11.09 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

あるべき賃上げ水準示す

 来る18春闘で5年連続のベア要求を掲げる方向で調整に入った連合の考え方に対し、2人の識者が肯定的立場を表明した。連合のシンクタンク・連合総研(古賀伸明理事長)が10月24日に東京で開いたフォーラムで、日本総合研究所の山田久理事と立正大学経済学部の吉川洋教授が後押しするように語ったもの。「客観的第三者機関」があるべき賃上げ水準を労使に示す欧州方式の導入もあり得るとした山田理事の提案は、低成長経済下における春闘のあり方として一石を投じた格好だ。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年11月6日第3135号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ