定昇込み4%程度 労使で適正取引訴えも 連合・18春闘方針“案”

2017.12.08 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 連合は、12月5日の中央委員会に提起する18春闘方針案を決定した。先の「基本構想」とほぼ同内容で、賃上げ部分は「2%程度」の賃上げ(ベースアップ)を基準に、定期昇給相当分(賃金カーブ維持分)を含め4%程度で正式決定する流れ。

 労働力不足が今後も不可避かつ継続するとの前提に立ち、技術革新の加速化という予測困難な変化が待ち受けているとみてまとめている。その上で、経済社会の自律的かつ持続的成長を成し遂げることをめざしており、必要な人的投資の促進を求めていくスタンスだ。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年12月4日第3139号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ