内々定辞退が増加 採用計画未達は3割に 経団連

2017.12.13 【労働新聞】

 来年入社の新卒採用において内々定の辞退者が前年よりも増加したと考える大企業が約4割に上ることが、経団連のアンケート調査で分かった。他社の内々定を持ったまま面接を受ける学生が増加したと感じる企業も半数を超えており、「売り手市場」の実態が改めて浮き彫りになった。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成29年12月11日第3140号1面

あわせて読みたい

ページトップ