対面距離1~2メートルに コロナ対策指針を改定 経団連

2022.07.04 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 経団連は、オフィス向けと製造事業場向けの新型コロナウイルス感染予防対策ガイドラインを改定した。オミクロン株の特性を踏まえ、講ずべき対策を大幅に簡素化している。マスク着用や換気を前提に、対面する際に確保する距離の目安を従来の2mから1~2mに変更した。

 改定版では、主な感染経路は飛沫感染やエアロゾル感染で、医療機関などを除いて接触感染リスクは限定的として、設備や物品などの消毒に関する記述を減らした。休憩・休息・喫煙スペースおよび…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和4年7月4日第3359号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。