「教育受けてない」が約2割 非正規労働者へ配慮不足を指摘 製造業の有害業務で 厚労省調査

2015.10.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省は、平成26年労働安全衛生調査(労働環境調査)を取りまとめた。有機溶剤業務や粉じん作業などの有害業務に従事した際に、人体に及ぼす作用・取扱上の注意などについて「教育または説明を受けたことがない」労働者の割合が、製造業で約2割、建設業で1割強に上ることが分かった。非正規労働者に対する安全衛生教育が不十分な実態が背景にあるとみて「決して良い数字とはいえない」などとしている。来年6月1日から実施が義務付けられる化学物質に関するリスクアセスメントの認知度では、「知らない」と答えた労働者が製造業で約4割、建設業で3割と目立っている。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年10月15日第2244号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ