7%が空求人広告 厚労省調査 実際には募集なし

2015.12.21 【労働新聞】

 厚生労働省が実施した民間求人広告実態調査によると、求人メディアに掲載されている求人広告のうち7%は、実際には募集をしていない空求人広告であることが明らかになった。平成27年6月の1カ月間に発行・公開された求人情報紙やインターネット上の求人広告などを都道府県労働局が任意に抽出し、求人事業主に電話などでヒアリングした結果…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成27年12月21日第3045号1面

あわせて読みたい

ページトップ