「見える化」促進へ ステッカーを作成 コンサルタント会

2014.02.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 (一社)日本労働安全衛生コンサルタント会は、災害の増加傾向が続く小売業と社会福祉施設での安全を図るため、職場に潜む危険箇所などを「見える化」するツールを作成した。

 ツールは、「一般用」「墜落転落用」「腰痛用」「転倒用」のステッカーとマーカー(写真)。例えば、転倒の危険がある箇所に「両手で荷物を持っての移動は転倒危険」などのコメントを書いたステッカーを貼り付け、注意喚起に役立ててほしいとしている。職場の見取り図にマーカーを貼った「危険マップ」の作成も促している。

 ステッカーとマークのデータは厚労省、コンサルタント会のHPで配布している。

平成26年2月15日第2204号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ