優良職長の133人に顕彰 厚労省

2014.02.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省は「平成25年度安全優良職長厚生労働大臣顕彰」の受賞者を決定し、1月10日に顕彰式典を行った。顕彰は、「安全のキーマン」とも呼ばれ、優れた技能と経験を持って現場の第一線で活躍する職長に対し、高い安全意識による安全指導などの功績を称えるもの。今年度は全国で133人の職長が選ばれ、村木厚子厚生労働事務次官が顕彰状と徽章を手渡した。

 職長を代表して謝辞を述べた三立土建㈱の室井信宥さんは、「決意を新たに仲間たちの大きな目標となるよう、活動を進めていきます」とより一層の活躍を誓った。

関連キーワード:
平成26年2月1日第2203号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ