産業医 1時間以内の距離で兼務可能 本来業務に支障ないと判断 地理的要件緩和を通達 厚労省

2014.02.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省は、事業場の専属産業医が他の事業場を兼任する際の距離的条件を都道府県労働局へ通達し、専属事業場と非専属事業場を「1時間以内」で移動できる場合、産業医兼任の要件に含めるよう指示した。これまで「地理的関係が密接な場合」と条件を示していたが、実際の運用は構内下請け程度にとどまっており、労働基準監督署の管轄範囲程度で兼務できるよう事業者が要望を出していた。厚労省では、片道1時間以内であれば本来の仕事に支障が出ないと判断。隣接した市町村などで本店支店関係にあるような事業場での兼務を想定しているという。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成26年2月1日第2203号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ