顧客の迷惑行為 厚労相へ改善策を要請 売場で遭遇7割強 UAゼンセン

2017.11.30 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

社会的問題と位置付け

 UAゼンセン(松浦昭彦会長)は11月16日、加盟組合で最も多い流通系の売場で問題になっている顧客の迷惑行為(悪質クレーム)対策を国として講じるよう、加藤信勝厚生労働大臣あてに要請した。先立って行った実態調査では、売場で働く組合員の74%が業務中に来店客からの悪質なクレームに遭遇し、そのうちの大半がストレスを感じていることが判明。顧客と接する他の産業や業種も含む「社会的問題」と位置付けて要請した。…

関連記事:悪質クレーマー対応で指針 経営損失減らすため UAゼンセン流通部門

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年11月27日第3138号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ