悪質クレーマー対応で指針 経営損失減らすため UAゼンセン流通部門

2017.09.21 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

威嚇型には警察通報促す

 連合傘下で最大規模を誇るUAゼンセン(松浦昭彦会長)流通部門は、悪質なクレーマーに対応するためのガイドライン(指針)を策定した。消費者からの不当な要求やハラスメントまがいの被害に遭う流通小売店舗の社員が絶えず、社会問題化しているそれら行為による経営損失を減らしたり、労働者の精神衛生確保につなげたりすることが目的。消費者からのクレームはサービス向上に有益な面がある一方、不当なケースが近年目立ち、人手を確保できない要因の1つとみて対策に乗り出す。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年9月18日第3129号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ