【賃金調査】経団連・東京経協/17年3月卒初任給調査 大卒決定初任給 事務・技術系とも21.3万円に

2017.11.13 【労働新聞】

3年ぶりに据置きが逆転 引上げ額は前年並み

 経団連と東京経協が共同実施した2017年3月卒の決定初任給調査によると、大卒初任給は事務系21万2873円、技術系21万2774円だった。16年実績からの増減額を調べた対前年引上げ額は1377円、1613円となり、前年並みにとどまった事務系に対して、技術系では約200円上回っている。改定の有無については、据え置いた企業が51.7%を占め、3年ぶりに、前年から引き上げた企業の割合を逆転した。「世間相場」を最重視する企業が3割弱を占める傾向に変化はみられないが、「在籍者とのバランスや新卒者の職務価値」、「人材確保の観点」を挙げる企業が微増している。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成29年11月13日第3136号8,9面

あわせて読みたい

ページトップ